文例書式大全集 http://shosiki.honami.info/ 例文・書式・雛形・フォーマット・例文・テンプレート・書き方
ビジネス文書・契約書・内容証明郵便・会社設立書類・議事録・人事労務総務経理文書の文例・書式

 金銭に関する契約書の文例
   「文例書式大全集」は、社内文書・社外文書・取引文書・届出書・挨拶状・通知書・案内書・稟議書などの各種ビジネス文書、売買契約書・消費貸借契約書・借用書などの各種契約書、内容証明郵便、会社設立書類、登記申請書及び添付書類、株主総会議事録・取締役会議事録等の会社議事録・株式会社定款・人事労務総務経理文書などの文書の文例書式(例文・書式・雛形・記載例・記入例・見本・サンプル・フォーマット)をご提供いたします。ぜひご活用ください。

文例書式大全集 (総合もくじ)

金銭消費貸借契約書 @ (契約書の文例書式)
金銭消費貸借契約書 A (契約書の文例書式)
金銭消費貸借契約書 B (契約書の文例書式)
金銭消費貸借契約書 C (契約書の文例書式)
金銭借用証書 @ (契約書の文例書式)
金銭借用証書 A (契約書の文例書式)
債務承認並びに債務弁済契約書 (契約書の文例書式)




<金銭消費貸借契約書 C>

金銭消費貸借契約書


 
 貸主  甲野太郎 (以下、「甲」という。)と 借主 乙川次郎 (以下、「乙」という。)と 乙の連
帯保証人 丙山三郎(以下、「丙」という。)は、以下のとおり金銭消費貸借契約を締結した。

 
第1条  甲は乙に対し、本日、金〇〇〇〇円を貸付け、乙これを借受け、受領した。


第2条  乙は甲に対し、前条の借入金〇〇〇〇円を平成〇〇年〇〇月から平成〇〇年〇〇
月まで毎月〇〇日限り金〇〇〇〇円也宛合計〇〇回にわたり、甲に持参又は送金して割賦弁
済する。ただし、最終回の弁済金は金〇〇〇〇円とする。


第3条  利息は元金に対し年〇〇パーセントの割合とする。


第4条  借入日を第1回とし、以後毎月〇〇日までに翌月〇〇日までの分を前払する。ただ
し、平成〇〇年〇〇月〇〇日より、平成〇〇年〇〇月〇〇日までの利息は借入時に支払う。


第5条  期限後又は期限の利益を失ったときは、以後完済に至るまで、乙は甲に対し、残元
金に対する年〇〇パーセントの割合による遅延損害金を支払う。


第6条  乙について次の事由の一つでも生じた場合には、甲からの通知催告がなくても、乙は
当然に期限の利益を失い、直ちに元利金を支払う。
@ 第2条の分割金又は第3条の利息を期限内に支払わないとき
A 住所変更の届出を怠るなど債務者が責任を負わなければならない事由によって、貸主に借
主の住所が不明となったとき


第7条  連帯保証人 丙は、乙がこの約定によって負担する一切の債務について、乙と連帯し
て保証し、乙と連帯して履行の責を負う。


以上、本契約成立の証として、本書を三通作成し、甲乙丙は記名捺印のうえ、それぞれ一通を
保管する。



平成〇〇年〇〇月〇〇日
      
                
(甲) 住所 〇〇県〇〇市〇〇町〇〇丁目○番○号
    氏名 甲野太郎    印


(乙) 住所 〇〇県〇〇市〇〇町〇〇丁目○番○号
    氏名 乙川次郎    印


(丙) 住所 〇〇県〇〇市〇〇町〇〇丁目○番○号
    氏名 丙山三郎    印




 契約書・念書・覚え書の書き方・・・ポイント

契約書・念書・覚え書きの形式
(1) 作成日付
作成年月日を明記すること
(2) 表題(タイトル)
契約の内容がわかるタイトルをつけること
(3) 当事者の表示   誰と誰との契約かを明確にするために当事者を明記すること
(4) 本文(目的条項)
@ 履行期限に関すること
A 解約に関すること
B 損害賠償に関すること
C 危険負担に関すること
D 費用の負担に関すること
D 保証人・担保に関する事項
F 裁判所の管轄に関すること
E 期限の利益に関する事項
 など、トラブルを防ぐための条項を盛り込みます。
(5) 当事者の記名押印
当事者が契約内容を確認し、同意したことを証明すること



ホームページ内に記載されている情報及び画像の無断転載を禁止します。