文例書式大全集 http://shosiki.honami.info/ 例文・書式・雛形・フォーマット・例文・テンプレート・書き方
ビジネス文書・契約書・内容証明郵便・会社設立書類・議事録・人事労務総務経理文書の文例・書式

 土地・建物の賃貸借に関する契約書の文例
   「文例書式大全集」は、社内文書・社外文書・取引文書・届出書・挨拶状・通知書・案内書・稟議書などの各種ビジネス文書、売買契約書・消費貸借契約書・借用書などの各種契約書、内容証明郵便、会社設立書類、登記申請書及び添付書類、株主総会議事録・取締役会議事録等の会社議事録・株式会社定款・人事労務総務経理文書などの文書の文例書式(例文・書式・雛形・記載例・記入例・見本・サンプル・フォーマット)をご提供いたします。ぜひご活用ください。

文例書式大全集 (総合もくじ)

土地賃貸借契約書 (契約書の文例書式)
店舗賃貸借契約書 1 (契約書の文例書式)
店舗賃貸借契約書 2 (契約書の文例書式)
店舗賃貸借契約書 3 (契約書の文例書式)
事務所賃貸借契約書 (契約書の文例書式)
建物賃貸借契約書 (契約書の文例書式)
駐車場使用契約書 1 (契約書の文例書式)
駐車場使用契約書 2 (契約書の文例書式)
アパ−ト賃貸借契約書 (契約書の文例書式)
土地一時使用賃貸借契約書 (契約書の文例書式)
社宅使用契約書 (契約書の文例書式)




<店舗賃貸借契約書 3>

店舗賃貸借契約書


第1条 賃貸人 甲野太郎(以下、「甲」という。)は、賃借人 乙川次郎(以下、「乙」という。)に
対し、別紙記載の建物(以下、「本件建物」という。)を賃貸し、乙はこれを賃借する。


第2条 乙は、本件建物を乙の店舗としてのみ使用し、その他の目的には一切使用してはなら
ない。
2 乙は、店舗を原状のまま使用し、甲の書面による事前許可を得たときに限り、店舗または造
作の模様替ができるものとし、明け渡しの際は自費をもって原状に復するものとする。


第3条 賃貸借期間は、平成〇〇年〇〇月〇〇日より平成〇〇年〇〇月〇〇日までの満○ヵ
年とする。但し期間満了の6ヵ月前までに、乙は甲に書面でもって通知をなすことにより、本契
約をその期間満了日から更に1ヵ年延長できるものとし、以後も同様とする。


第4条 賃料は月額金○○○○万円とし、乙は毎月末日までにその翌月分を甲指定の銀行口
座に振り込んで支払うものとする。


第5条 乙は、電気・水道・ガス料金、衛生清掃費、冷暖房費及びその他賃借物件の使用上賃
借人の負担となるべき諸経費を、支払わなければならない。


第6条 乙は甲に対して、本契約に従って、保証金として金○○○○万円を本契約締結と同時
に差入れる。但し、保証金に利息は付さない。
2 本契約の終了により乙が甲に建物を明け渡したときは、甲は乙が甲に差入れた前項の保
証金を全額乙に返却するものとする。
3 甲は、乙が賃料を滞納したとき及び本契約第11条に基づく損害賠償金額の支払いをしない
ときは、保証金をこの弁済に充当することができるものとするが、充当された場合には、乙は差
額を充当の日から1ヵ月以内に甲に差し出すものとする。


第7条 乙は、次の行為をしないものとする。
(1)本契約の目的以外への使用
(2)賃借権の譲渡、賃借物件の転貸
(3)第三者による使用への提供


第8条 本件建物の維持保全に必要な修繕は甲が行う。
2 乙の日常の使用による建具・造作、給排水施設、照明器具、壁等の修理費用は乙が負担
する。


第9条 甲は、乙につき次の各号の一に該当する事由が生じたときは、乙に対して何ら通知催
告を要することなく、本契約を解除できる。
(1)賃料の支払いを2ヵ月以上怠ったとき
(2)本契約の条項の一にでも違反したとき

第10条 乙は、本契約が終了したときは、その終了日から1ヵ月までに乙の所有物を乙による
全額費用負担で本件建物から撤去し、原状に復した上で明け渡すものとする。
2 乙は甲に対して、第1項の場合において、如何なる場合も移転料、立退料その他これに類
するものは一切請求しないものとする。


第11条 乙は甲に対して、理由の如何を問わず本件建物に損害を与えたときは、その損害に
つき損害賠償をするものとする。


第12条 乙は甲に対して、本契約を解除する旨を書面でもって3ヵ月前までに通告することに
より、本契約を解除できるが、その場合は、本契約の解除後1ヵ月以内に甲に本件建物を原状
に復した上で、明け渡すものとする。


第13条 甲及び乙は、誠実にこの契約各条項を履行するものとし、この契約に定めのない事
項の生じたとき、及びこの契約各事項の解釈について疑義を生じたときは、甲乙相互に誠意を
もって協議解決するものとする。


第14条 前条の協議にもかかわらず生じた本契約に関する紛争については、甲の住所地を管
轄する裁判所を第一審の管轄裁判所とする。



以上、本契約成立の証として、本書を二通作成し、甲乙は記名捺印のうえ、それぞれ一通を保
管する。



平成〇〇年〇〇月〇〇日
                      
(甲) 住所 〇〇県〇〇市〇〇町〇〇丁目○番○号
    氏名 甲野太郎    印


(乙) 住所 〇〇県〇〇市〇〇町〇〇丁目○番○号
    氏名 乙川次郎    印




 契約書・念書・覚え書の書き方・・・ポイント

契約書・念書・覚え書きの形式
(1) 作成日付
作成年月日を明記すること
(2) 表題(タイトル)
契約の内容がわかるタイトルをつけること
(3) 当事者の表示   誰と誰との契約かを明確にするために当事者を明記すること
(4) 本文(目的条項)
@ 履行期限に関すること
A 解約に関すること
B 損害賠償に関すること
C 危険負担に関すること
D 費用の負担に関すること
D 保証人・担保に関する事項
F 裁判所の管轄に関すること
E 期限の利益に関する事項
 など、トラブルを防ぐための条項を盛り込みます。
(5) 当事者の記名押印
当事者が契約内容を確認し、同意したことを証明すること



ホームページ内に記載されている情報及び画像の無断転載を禁止します。